格安SIMのエントリーパッケージまとめ。初期費用を2000円以上節約!

格安SIMを申し込む際に、Amazonでエントリーパッケージを購入すれば、初期費用を節約できます。

各社の契約事務手数料はだいたい3,000円ですが、1,000円程度のエントリーパッケージを購入してから申し込むと、契約事務手数料がタダになります。

なので、2,000円以上の節約が可能。数百円のエントリーパッケージとかもあるので、もっと節約できる場合もあります。

Amazonで購入できるエントリーパッケージをまとめてみました。

スポンサーリンク

ドコモ系MVNO

格安SIMの多くは、ドコモのLTE・3G回線に対応したドコモ系MVNOです。ドコモのスマホ・タブレットなら、SIMロックを解除せずにドコモ系MVNOのSIMカードを使えます。

OCN モバイル ONE

NTTコミュニケーションズが運営する「OCN モバイル ONE」は、110MB/日といった1日単位のプランがあるのが特徴。10分かけ放題のオプションサービスもあり、格安SIMの定番といえます。

エントリーパッケージは、音声通話SIM、データ+SMS対応SIM、データ専用SIMで商品が異なるのでご注意ください。

OCN モバイル ONE 音声通話 LTEデータ通信SIMカード 月額1,728円(税込)~(マイクロ、ナノ、標準)

新品価格
¥99から
(2017/3/28 21:35時点)

IIJmio

「IIJmio」はインターネットイニシアティブ(IIJ)による格安SIMサービス。月間3GBプランを2枚のSIMカードを使えます。人気のサービスのひとつですが、IIJmioを選ぶなら、次に紹介する「BIC SIM」をおすすめします。

IIJmio みおふぉん SIMカード 音声通話パック ( バンドルクーポンキャンペーン中 2GB増量×12ヵ月間 ) FFP【Amazon.co.jp 限定】

新品価格
¥648から
(2017/3/28 21:37時点)

BIC SIM

IIJmioをビックカメラが自社ブランドで提供しているのが「BIC SIM」。料金プランはIIJmioと同じで、公衆無線LANの「Wi2 300」が無料で使えるのが特徴です。

IIJ BIC SIM音声通話パック

新品価格
¥426から
(2017/3/28 21:38時点)

LINEモバイル

LINEの格安SIMサービスが「LINEモバイル」。月間3GB以上のプランなら、LINE・Twitter・Facebook・Instagramのデータ通信量がカウントされず、どれだけ使ってもデータ消費がゼロというのが特徴です。

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパック (ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通・ドコモ対応] LMN-AMA01

新品価格
¥990から
(2017/3/28 21:39時点)

NifMo(ニフモ)

富士通からノジマに親会社が変わったニフティの格安SIMサービスが「NifMo」です。通信速度の評判は上々。完全かけ放題のIP電話サービス「NifMoでんわ」(月額1,300円)もあります。

NIFTY NifMo データ通信専用SIMお申し込みパッケージ(SIM後日お届け) 月額900円(税抜)~ NIF-PK/NIFMO-01-02

新品価格
¥2,498から
(2017/3/28 21:40時点)

なお、NifMoのエントリーパッケージは、楽天のニフティストアで購入したほうが安くてお得です。

>【最大3ヶ月無料&2,000円キャッシュバック&パッケージ料金100円実施中!!】NifMo SIM 音声通話 お申込みパッケージ

価格:108円
(2017/3/28 22:06時点)
感想(15件)

mineo(マイネオ)

ドコモ・au回線を選べる「mineo」。関西電力グループのケイ・オプティコムが運営しています。グループでデータをシェアできるほか、全ユーザーで余ったデータを貯めたり、使ったりできる「フリータンク」という仕組みもあります。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

新品価格
¥654から
(2017/3/28 21:41時点)

FREETEL SIM

SIMフリースマホのメーカーでもあるFREETELの格安SIMサービス。佐々木希のCMでもおなじみです。月額299円から使える段階制プランが特徴。1分・5分・10分のかけ放題サービスもあります。

【FREETEL SIM】299円 全プラン対応パック データ通信/音声通話(ナノ/マイクロ/標準SIM) 通常モデル AMZ-FTSIMX-ENT-01

新品価格
¥290から
(2017/3/28 21:41時点)

DMMモバイル

月間1GBで月額480円(データ専用SIM)といった小容量プランの安さが特徴。速度制限時でもバースト機能があるので、Web閲覧などはスムーズ。なお、エントリーパッケージで契約できるのはデータ専用・データ+SMSのみで、音声通話SIMは契約できません。

【Amazon.co.jp限定】 [ZenFone / Xperia Z1~Z2 / Galaxy SIII~S5 他対応] DMM mobile SIMカード データ通信専用 microSIM 月額440円~ DDM001

新品価格
¥540から
(2017/3/28 21:44時点)

U-mobile

映像配信サービスでも知られるU-NEXTの格安SIMサービスが「U-mobile」。イメージキャラクターは橋本環奈です。LTE使い放題プランもありますが、Amazonのレビューなどでは通信速度の評判がイマイチです…。

U-NEXT U-mobile 通話プラスパッケージ(SIMなし) UMVPLUS-PK

新品価格
¥656から
(2017/3/28 21:48時点)

U-mobile MAX

月間25GBのデータ容量を月額2,380円〜で使えるのが「U-mobile MAX」です。無印のU-mobileよりはAmazonのレビュー欄は荒れていないかも…(?)。

U-mobile MAX 25GB (SIMなしパッケージ) / U-mobile Max 25GB エントリーパッケージ (SIM後日郵送)

新品価格
¥655から
(2017/3/28 21:49時点)

U-mobile PREMIUM

U-mobileはMVNE(簡単にいえば、1次卸のようなもの)が日本通信なのですが、こちらの「U-mobile PREMIUM」はMVNEがIIJ。そのため、高品質なLTE使い放題サービスを謳っているのですが…。

U-mobile PREMIUM プレミアム ドコモ LTE 使い放題 定額制 かけ放題 データ通信 [SIMカード後日発送]

新品価格
¥2,980から
(2017/3/28 21:49時点)

nuro mobile

「nuro mobile」は、So-netの格安SIMサービス。プラン内容としては、これといった特徴はありません。なお、So-netは「0 SIM」という月間500MB未満なら無料のサービスも提供していますが、このエントリーパッケージでは「0 SIM」には申し込めません。

nuroモバイル [データ] マイクロSIMカード(2GB~10GB) 131852

新品価格
¥780から
(2017/3/28 21:53時点)

SORACOM Air(ソラコム・エアー)

ベンチャー企業のソラコムが提供するIoT機器向けの格安SIMサービスです。データ専用、データ+SMSのみで、音声通話SIMはありません。

SORACOM Air SIMカード(データ通信のみ) (ナノ)

新品価格
¥1,313から
(2017/3/28 21:57時点)

au系MVNO

au系MVNOは、auのLTE・3G回線に対応しています。SIMカードには通常SIMとVoLTE対応SIMの2種類があり、それぞれ対応機種が異なるので、契約時には注意が必要です(エントリーパッケージを購入する際は、とくに気にする必要はありません)。

また、VoLTE対応SIMを使う機種の場合、auのスマホであってもSIMロックの解除が必要になります。

なお、以下のほかにIIJmioもau回線対応のプランを提供しています。ただし、VoLTE対応SIMしか選べないのでご注意を。

UQモバイル

「UQモバイル」は、WiMAXでもおなじみのUQコミュニケーションズの格安SIMサービス。5分かけ放題付きのプランもあり、iPhone SEも購入可能です。

エントリーパッケージは、BIGLOBEが販売している以下の商品が安くてお得です。BIGLOBEは自社でも「BIGLOBE SIM」を提供していますが、UQモバイルも取り扱っているんですね。ちなみに現在では、両社ともKDDIグループです。

BIGLOBE UQ mobile データSIM専用エントリーパッケージ au対応SIM(ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE) VEK55JYV

新品価格
¥500から
(2017/3/28 21:59時点)

mineo(マイネオ)

ドコモ系MVNOでも取り上げた「mineo」。au対応のAプランは、ドコモ対応のDプランよりも少しだけ料金が安めです(音声通話SIMの場合)。ただし、AプランはiPhoneでのテザリングが使えないため、iPhone 6s以降の機種ならDプランを選んだほうが良いケースがあります。

なお、エントリーパッケージは、Aプラン・Dプラン共通です。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

新品価格
¥654から
(2017/3/28 21:41時点)

ソフトバンク系MVNO

ソフトバンク回線に対応したMVNOもあります。ただし、ソフトバンクのスマホでもSIMロックの解除が必要です。

Y!mobile(ワイモバイル)

ソフトバンクの格安ブランドが「Y!mobile」。10分かけ放題付き2GBのプランを月額1,980円〜で利用できます。以前は、ソフトバンクからの乗り換えが不利でしたが、2017年3月1日より解消されています。

ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット ナノ(iPhone5~7他対応)音声通話/データ通信共通(契約事務手数料 無料) ZGP681

新品価格
¥893から
(2017/3/28 22:00時点)

U-mobile SUPER

U-mobileのソフトバンク回線対応サービスが「U-mobile SUPER」です。料金プランはY!mobileと全く同じなので、あえて選ぶ理由としては「ピコ太郎が気に食わない」とかでしょうか…。

U-mobile SUPER ソフトバンク回線の格安SIM (NO SIM)

新品価格
¥96から
(2017/3/28 22:01時点)

エントリーパッケージは早めに購入を

格安SIMをお得に始められるエントリーパッケージを紹介してきました。

音声通話SIMの場合、MNPによる乗り換えもあるので、エントリーパッケージにはSIMカードが入っておらず、記載されているエントリーコードを使って申し込むことになります。一方、データSIMでは、エントリーパッケージにSIMカードが入っていることも多いです。

音声通話SIMは、エントリーパッケージが届いてからネットで申し込んで、審査→開通となるので、利用開始までに少々時間がかかります。

月末までのキャンペーンに間に合わせたいときなどは、余裕を持って早めにエントリーパッケージを購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 中西学 より:

    BIC SIMはAmazon版も販売してますよ。違いはプリペイドがえらべるくらいですが。