ブログを書けない人は「常に書いている状態」をつくってみては?

しばらくブログの更新が止まってしまっていました……。

記事をたくさん書きたいと思いながら、なかなか記事を書けないというのは、ブログをやっている人の多くが抱えている問題なのではないかと思います。

どうすれば記事を書けるようになるのか?

それを考えた結果、書けない人は常に書き続けてみたらいいのではないか、という仮説が出てきました。

ブログラマーの人は、いつもカタカタとキーボードを打っているイメージですが、それと同じ状態を目指すということ。

実際に、プログラマーが何をやっているのかは、よくわかりませんが……。

ともかく、ずっと書き続けることで、何かが見えてくるのではないかと考えています。

スポンサーリンク

書けない理由は、書いたものを無駄にしたくないから

何度も書き直したくない

人間、無駄なことはしたくないので、記事を書くときに、何度も書き直したくないという気持ちがあります。

できれば、一発で文章を書き上げたいところですし、実際、ごくまれにそれができる場合もあるでしょう。

何度も書き直すのは大変なうえに、いつまでも終わらない気がします。

とにかく無駄をしたくないから、書き直したくない。だから、大事に文章を書こうとしてしまいます。

一文も無駄にしたくない

大事に大事に文章を書こうという人は、一文字も無駄にしたくないはずです。

書き直すのも、あとから削るのも嫌だから、一文入魂で書きます。

じっくり時間をかけて、頭の中でよく考えて文章をしたためるのですが、だんだんと煮詰まってきますし、全然進まないのでストレスを感じます。

やがて書くのが面倒になってしまいます。

時間がかかるから、考えが煮詰まるから、書くことが苦痛になってしまいます。

結果として時間を無駄にしている

書くことが面倒になると、記事に手をつけないまま時間が過ぎていきます。

書くのが面倒なので、情報を調べたり、考えたりすることに逃げます。

しかし、手を動かさないでいる時間は、何かをしているようで、実は何もやっていません。

あれこれ考えているうちに時間が経ち、情報を調べるだけで満足してしまいます。

書いたものを無駄にしたくないばかりに、書き始めるまでの時間を無駄にしてしまうのです。

捨てる前提で「常に書き続ける」ことが大事

常に書くとはフリーライティングの手法

常に書くといっても、書きかけの記事をストックしておくのは簡単でないと思います。

ここで前提とする「常に書く」とは、フリーライティング(=ノンストップライティング、殴り書き)で書くことです。

また、フリーライティングで書いたものを整理することも含みます。

あとは、リサーチの工程もあると思いますが、リサーチの時間も何かしら文字を入力するのが基本になります。

常に「書く」「整理する」というアウトプットする姿勢でいることです。

ともかくキーボードで入力を続けて、手が疲れたら音声入力も使って、書き出していき、疲れたら書いたものを整理して、編集するという流れです。

思いついたことを何でも書くので捨てる部分も多い

フリーライティングは一応、テーマに沿って書くのが原則になりますが、内容はどうでもいいです。

論理的かどうかを気にすることもないし、同じことを重複して書いてもいいです。

書くことに制限を設けないことが重要です。

そのときにふと思ったことや、その場の感情も書いてしまいます。

実際、フリーライティングで書いてみたら、出てくるものはゴミだらけかもしれません。

8:2の法則などと言われますが、フリーライティングで書いた中から使える内容は2割程度かもしれません。

結局、思考というのは無限に湧いてくるし、無限に広がり続けて、何もまとまらないのかもしれません。

しかし、それでも書き続けることが重要だと思います。

捨てない限り、新たな発想は生まれない

同じことをグルグル考えている限り、前には進めません。

だったら、発生した思考をさっさと書き留めて、次に行ったほうがいいです。

そうすれば、新しい発想が生まれてきます。

最終的に採用されない内容を書いても、それがフックとなって何かが生まれる可能性もあります。

書き続けることで、じっくり考えることはなくなりますが、書くことで、何かが生み出されていきます。

生み出されるのが何なのかはよくわかりませんが。

書き続けることがブレイクスルーになる

常に書くことは修行である

ともかく、頭の中に生まれた思考を常に書き続けることが大事です。

これはまあ、コンピューターで言うところの「ログを残す」ことです。

フリーライティングは「書く瞑想」と呼ばれることもありますが、書き続けることは修行みたいなものです。

何かを調べているときも、調べた内容と、その時の思考も含めて書いていきます。

フリーライティングを続けることには、書く量が増え、タイプ速度が速くなるメリットもあるでしょう。

書いた文章を大事にしてしまうメンタルブロックを壊す

さらに、常に書き続けることで、自分の中のメンタルブロックを壊すこともできるのではないかと思います。

書けない人は、無駄な文章を書きたくないというのがメンタルブロックです。

フリーライティングで書いた大部分は捨てることになります。

捨てる前提で、あえて無駄な文章を書くとことに、今までにない思考の転換があります。

捨てる前提だから、書くことが広がるし、制限が取り払われます。

捨てる文章をあえて書き続けることがブレイクスルーになるのではないかと思います。

あれこれ考えて無駄に過ごす時間をなくす

結局のところ、書いていない時間は何も生み出していません。

じっくり考えることで思い浮かぶアイデアもあるかもしれませんが、そもそもアイデアは書き留めなければすぐに消えてしまいます。

また、書きながらでも思考やアイデアは発生します。

そして、書かないであれこれ考えている時間は、同じ妄想を何度も繰り返しているのが問題です。

たとえば、将来への不安を何度も考えたりするのは、はっきり言って、思考でもなんでもなく、たんなる時間潰しです。

フリーライティングは無駄な文章をあえて書くことなので、時間の無駄かもしれません。

今までも妄想で無駄な時間を過ごしてきたわけですが、それは結果的にそうなったのであって、自分で望んでやっていたわけでないはず。

常に書き続けることは、無駄な時間の使い方を積極的にやるということです。積極的に無駄をすることが、今までとの違いになります。

まとめ:書けない人は「常に書いている状態」をつくってみては?

ともかく、常に書き続けるとどうなるかという実験をしてみたいと思います。

もちろん、書けない時間もあります。寝ているときや食べているとき、家族と過ごす時間には、書き続けることはできません。

でも、それ以外の時間を書き続けることにあてたとしたら、その先には何があるのでしょうか。

ただ、混沌とした思考が広がっているだけかもしれません。

しかし、それはそれで実験としてはアリ。結局、書き続けても意味がないということがわかれば、それでいいと思っています。