au iPhone 6からmineoに移行する前に確認しておきたいメリット、デメリット

大手キャリアから格安SIMへの移行を検討している人も多いかもしれません。

先日のエントリーにも書きましたが、僕もauのiPhone 6から格安SIMの「mineo」への移行を考えています。

そこで今回は、あらためてau iPhone 6から端末を変えずにmineoへ移行する場合のメリット、デメリットをおさらいしたいと思います。

au iPhone 6から格安SIMへの移行を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

料金が格段に安い格安SIMに乗り換えて、一緒におトクを楽しみましょう。

スポンサーリンク

格安SIMには端末を変えずに移行できる

現在、LTEプランとLTEフラットでauのiPhone 6を利用している僕の場合、mineoに乗り換えると、税込で毎月6,000円近くも節約できる計算です。

その前に、まずau iPhone 6から格安SIMに乗り換える上での前提を確認しておきましょう。

格安SIMに乗り換える場合、SIMフリースマートフォンなどの端末も一緒に買い替えることもできますが、できれば出費は抑えたいところです。

現在、利用しているキャリアと、移行先の格安SIMによっては、いま利用している端末をそのまま使って乗り換えることができるので、

端末に不満がなく、まだまだ使えそうであれば、端末を変えずに移行するのがおすすめです。

具体的には、現在、ドコモのスマートフォンを使っているのであれば、ドコモのネットワークを利用する格安SIMに乗り換えれば、端末をそのまま使うことができます。

同様に、僕のようにauのスマートフォンを使っているのであれば、auのネットワークを利用する格安SIM(いわゆるau系格安SIM)に乗り換えればいいわけです。

ただし、ドコモ系格安SIMには、さまざまなサービスがありますが、au系格安SIMは、サービスが限られるので注意が必要です。

au系のサービスを提供している主要な格安SIMは、mineo、UQ mobile、IIJmioの3つです。

au系格安SIMはSIMカードの種類に注意

さらに注意しなければいけないのが、au系格安SIMでは、SIMカードが2種類あることです。

ひとつは従来のau SIM、もうひとつはau VoLTE SIMで、後者の場合、LTE通信と高音質通話のVoLTE(ボルテ)が利用できますが、3G通信ができず、最新の機種以外では利用できません。

そのため、auのスマートフォンから格安SIMに乗り換える場合、自分の端末が従来SIMとVoLTE SIMのどちらに対応しているのかを、しっかり確認する必要があります。

また、au系格安SIMでも、IIJmioはVoLTE SIMのみを提供していて、従来SIMは提供していないので、利用できる端末が限られることになります。

au iPhone 6の場合、利用できるのは従来SIMのみで、VoLTE SIMは提供していないので、移行先としてIIJmioは除外されてしまいます。

また、UQ mobileは、従来SIMとVoLTE SIMの両方を提供していますが、動作確認機種としてiPhone 6は明示されていません。

なので、au iPhone 6から移行するのであれば、選択肢は実質mineoしかないことになります。

mineoのサービスの特徴とは?

それでは、mineoのサービスについて詳しく見ていきましょう。

mineoは、ケイ・オプティコムという関西電力グループのインターネット事業者が提供している格安SIMです。

ドコモのネットワークを利用するDプラン、auのネットワークを利用するAプランの両方の格安SIMを提供しているのがmineoの特徴。

なお、これはご存じの方も多いかもしれませんが、格安SIMではキャリアのネットワークを借りてサービスを提供しているため、Aプランの場合、電波のつながりやすさはauと同等になります。

Aプランの月額料金は、データ通信専用SIMのシングルタイプでは、月間データ容量が500MBのコースが700円、1GBが800円、3GBが900円、5GBが1,580円、10GBが2,520円(いずれも税抜)。

音声通話対応SIMのデュアルプランでは、上記に各610円を加えた料金となり、500MBのコースが月額1,310円、1GBが1,410円、3GBが1,510円、5GBが2,190円、10GBが3,130円(いずれも税抜)となります。

国内通話料は一律20円/30秒です。

メインのスマートフォンとして利用するのであれば、090/080/070の電話番号が使える音声通話対応SIMを選ぶことになるかと思います。

また、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)にも対応しているので、現在キャリアで利用している電話番号のままで乗り換えることが可能です。

他の格安SIMと比べて、mineoの特徴といえるのが、データ容量をシェアする方法が充実していることです。

家族などの同一グループで繰り越したデータ容量をシェアできるパケットシェアや、余ったデータ容量を他のユーザーに分けられるパケットギフト、さらに不特定多数のユーザーでデータ容量をシェアし合えるフリータンクといった機能が用意されています。

また、月額840円で30分間の通話ができる通話定額30、1680円で60分間の通話ができる通話定額60といった通話定額プランも用意されています。

理解しておきたいデメリット

僕の場合、自宅や職場ではWi-Fiを使っているため、データ通信量は毎月1GB未満と少ないので、音声通話対応SIMの1GBプランに乗り換えようと考えています。

また、通話はほとんど利用しないので、通話定額プランはいまのところ必要ないと思っています。

その場合、月額料金は1,410円。ここに電話をかけた分の通話料が加わることになります。

格安SIMといわれるだけあって、かなり魅力的な料金ですが、もちろんデメリットもあります。

まず、iPhone 6は使い続けますが、auとの契約は解約するため、当然ながら「@ezweb.ne.jp」のキャリアメールのアドレスは使えなくなります

最近では、家族や友人とのやりとりにLINEを使っている人も多いと思うので、あまり影響はないかもしれませんが、キャリアメールでしか連絡ができない相手というのもいるでしょう。

そんな相手とのメールには、移行後はGmailを使おうと思っています。

また、現在キャリアメールのアドレスを登録しているサービスなどがある場合、移行前にメールアドレスを変更しておく必要があるので、気をつけたいところです。

もうひとつのデメリットは、iPhone 6でテザリングが利用できなくなることです。

iPhoneでは、インターネット共有という名称が使われていますが、テザリングを利用すれば、iPhoneをモバイルルーターのように使って、パソコンやタブレットをインターネットに接続することができます。

日頃から外出先でパソコンを使う機会が多い人にとっては、テザリングが利用できなくなるのは痛いかもしれません。

これにはシンプルな解決策はありませんが、たとえば、データ通信専用の格安SIMをもう1回線契約して、SIMフリーのモバイルルーターなどを使うのもひとつの方法ではないかと思います。

格安SIMを2回線契約しても、キャリアよりも安くおさまる可能性があります。

これに関しては、今後も検証していきたいと思います。

毎月6,000円節約し、2年縛りからもフリーに

キャリアメールやテザリングが利用できなくなるなど、au iPhone 6からmineoへの移行には、ある程度、割り切りも必要といえます。

とはいえ、料金が格段に安くなるのは何よりの魅力です。

今月のau iPhone 6の利用料金は税込7,961円。端末代の支払いは今月で終わるはずなので、来月からはその分が引かれて、税込7,491円となる見込みです。

これをmineoの音声通話対応SIMの1GBプランに移行することで、税込1,526円(ユニバーサルサービス料込)となる計算で、差額は5,964円。毎月約6,000円も節約することができます

また、僕の場合、今月が更新月ですが、これを逃すと自動的に2年契約が更新されてしまい、途中解約には1万260円の違約金が発生してしまいます。いわゆる2年縛りですね。

mineoでは、12カ月以内にMNPで他のキャリアや格安SIMに移行する場合、MNP転出手数料が1万2,420円かかりますが、以降のMNP転出手数料は2,160円(auの場合、同3,240円)。それ以外に違約金はなく、2年縛りもありません。

毎月6,000円の違いは、1年間で7万2,000円、2年間だと14万4,000円もの違いになります。国内の家族旅行なども十分楽しめそうです。

また、mineoには、1人あたり毎月50円の割引になる家族割もあるので、家族全員で移行すれば、さらに節約ができるはずです。

mineoのホームページには、現在のスマートフォン料金との比較ができるシミュレーションも用意されているので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

新品価格
¥880から
(2016/10/31 23:22時点)

(mineoへの乗り換え体験記を書きました)

au iPhone 6から端末を変えずにmineoに移行してみた(前編)MNP予約番号取得から申し込みまで
最近では、家電量販店などの店頭でも申し込める格安SIMがいくつか出てきていますが、多くの格安SIMでは、インターネットから申し込むの...
au iPhone 6から端末を変えずにmineoに移行してみた(後編)SIMカード到着後の回線切り替えとネットワーク設定
インターネットで申し込んで、格安SIMにMNP(携帯電話番号ポータビリティ)で移行する場合に問題となるのが、スマートフォンが使えなく...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする