au iPhone 6から端末を変えずにmineoに移行してみた(後編)SIMカード到着後の回線切り替えとネットワーク設定

インターネットで申し込んで、格安SIMにMNP(携帯電話番号ポータビリティ)で移行する場合に問題となるのが、スマートフォンが使えなくなる不通期間です。

以前は、切り替えが完了して、新しいSIMカードが到着するまでの数日間、スマートフォンが使えなくなるということがありました。

しかし最近では、インターネット上で手続きすることで、自分の好みのタイミングで切り替えが行える格安SIMが増えています。

そうした格安SIMの場合、スマートフォンが使えなくなる期間を1時間程度に短縮することができます。

これは、格安SIMへの移行の障壁をなくす大きなポイントだといえるでしょう。

今回、僕がau iPhone 6からの移行で申し込んだ「mineo(マイネオ)」も、そんな自分のタイミングでMNPの切り替えができる格安SIMのひとつ。

なお、自分のタイミングで切り替えができるといっても、スマートフォンが使えなくなる不通期間がまったく生じないというわけではないので、その点にはご注意ください。

スポンサーリンク

格安SIMへのMNPは意外と簡単

前回のエントリーでは、MNP予約番号の取得とmineoへの申し込みまでの流れを紹介しましたが、今回は、SIMカードの到着から切り替えまでの流れを見ていきたいと思います。

au iPhone 6からmineoへの移行を検討している人、また、その他の端末でmineoにMNPで移行しようと思っている人も、ぜひ参考にしてみてください。

インターネット上でMNPの切り替えをするのは、僕としても初めてでしたが、やってみた実感としては、意外とあっさり済んだという印象です。

また、切り替えとあわせて、iPhone 6でネットワーク設定を行う必要もありますが、この操作もそれほど難しくはありません。

スマートフォンを使えるようにするための各種設定など、なんでも他人に任せたいという人の場合は、格安SIMよりも従来のキャリアのほうが向いているかもしれません。

しかし、ある程度、パソコンやスマートフォンを使いこなすことができ、より安い料金でスマートフォンを利用したいなら、格安SIM以外に選択肢はないと思います。

それでは、SIMカード到着からの流れを見ていきましょう。

ポイントは、以下の3つです。

1. 回線切り替えの手続き
2. 切り替えにかかる時間
3. SIMカードの挿し替えとネットワーク設定

1. 回線切り替えの手続き

僕の場合、土曜日の夜にmineoへの申し込みを行い、審査を経て、手続き完了メールが届いたのが翌々日の月曜日。

続いて火曜日に、SIMカードの出荷完了を知らせるメールが届きました。

都内の自宅にSIMカードが到着したのは、翌日の水曜日です。

土日を挟んでも、1週間以内にSIMカードが届くのはスムーズといえるのではないでしょうか。

SIMカードの到着後、回線切り替え手続きを行いますが、24時間いつでも手続きができるわけではなく、受付時間があります。

受付時間は9時〜21時(土日も可)です。

回線切り替えの詳しい手順は、mineoのホームページでも紹介されていますが、mineoのマイページにアクセスして手続きを行います。

その際、入力が必要になるのが、SIMカードの台紙の裏面に記載されている製造番号の下4桁

つまり、SIMカードの到着前には、切り替え手続きができなくなっています。

この4桁の番号を入力し、「回線切替」ボタンをクリックすれば、手続きは完了です。

2. 切り替えにかかる時間

その後、回線切り替え受付メールが届くと書かれているのですが、僕の場合、登録したGmailのアドレスにメールが届いておらず、本当に手続きができたのか少し不安になりました。

しかし、念のためGmailの迷惑メールのフォルダを確認してみたところ、なぜか回線切り替え受付メールがそこに振り分けられていました。

なので、もし「回線切り替え受付メールが届かない」という場合には、迷惑メールのフォルダも確認してみるとよいでしょう。

mineoのAプラン(auプラン)の場合、回線切り替えメールの受信後、30分程度で切り替えが完了するとされています。

ちなみに、Dプラン(ドコモプラン)の場合は、1時間程度かかるとのことです。

3. SIMカードの挿し替えとネットワーク設定

auのSIMカードをiPhone 6に装着したまま、回線切り替え手続きを行いましたが、すぐに圏外になるわけではありませんでした。

しかし、切り替えが完了すれば、もちろんauのSIMカードは使えなくなるので、この時間を使って、SIMカードをmineoのものに挿し替えました。

また、mineoのSIMカードをiPhone 6で利用するには、ネットワーク設定が必要になります。

Androidスマートフォンの場合、APNの設定を行いますが、iPhoneでは、プロファイルをインストールすることで、ネットワーク設定ができます。

iPhoneのネットワーク設定について説明しているmineoのWebページをSafariで開いたら、紹介されているリンクにアクセス。すると、プロファイルのインストール画面が表示されます。

画面右上の「インストール」からインストールができます。

また、auなど他キャリアのプロファイルがiPhoneに残っている場合には、それを削除します。

以上でネットワーク設定は完了です。

回線切り替えは30分で完了

回線切り替え手続きから30分が経過したら、切り替え完了を確認するためのテストコールを行います。

通話料無料の「111」にダイヤルし、「切り替えが完了しました」という音声が流れたらOK。これで音声通話が利用できます。

また、データ通信は、Wi-Fiをオフにしたうえで、Safariなどが使えるかを確認するとよいでしょう。

なお、音声通話とデータ通信の切り替えタイミングは異なり、音声通話が利用できても、しばらくデータ通信が利用できない場合があります。

ちなみに僕の場合、SIMカードが到着した水曜日の20時30分頃に切り替え手続きを行い、21時前には音声通話もデータ通信も利用できる状態になっていました。

というわけで、回線切り替えは30分程度で完了し、無事mineoのSIMカードでiPhone 6が利用できるようになりました。

なお、僕が移行したのはmineoのAプランですが、Dプランの場合、19時以降に手続きを行ったときは、翌日午前中の切り替えになるということなのでご注意ください。

初期費用はかかるが、すぐに元が取れる

2回に分けて、au iPhone 6からmineoへの乗り換えの流れを紹介してきましたが、とくに戸惑うこともなく、スムーズに移行することができました。

auからのMNP転出料3,000円とmineoの契約事務手数料3,000円、合計6,000円(+税)の出費にはなりましたが、以前も紹介した通り毎月6,000円近くの節約になるため、すぐに元が取れそうです

また今回は、毎月800円が6カ月間割引になるキャンペーンの期間中の申し込みとなったので、半年間は1GBコースを月々610円で利用できるというのも嬉しいところです。

なお、mineoに申し込む際は、契約事務手数料が無料になるエントリーコード付きのエントリーパッケージの購入がおすすめです。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

新品価格
¥880から
(2016/10/31 23:22時点)


Amazonや楽天でも購入でき、手軽に初期費用を安く抑えることができるので、ぜひチェックしてみてください。

【送料無料】【au/ドコモ対応SIM】【月額700円(税抜)~】mineoエントリーパッケージ

価格:2,430円
(2016/10/31 23:27時点)
感想(6件)

僕と同じように、au iPhone 6から端末を変えずに格安SIMに乗り換えたいと思っていた人は、以下のエントリーなどもあわせて参考にしてみてください。

au  iPhone 6からmineoに移行する前に確認しておきたいメリット、デメリット
大手キャリアから格安SIMへの移行を検討している人も多いかもしれません。 先日のエントリーにも書きましたが、僕もauのiPho...
au iPhone 6から端末を変えずにmineoに移行してみた(前編)MNP予約番号取得から申し込みまで
最近では、家電量販店などの店頭でも申し込める格安SIMがいくつか出てきていますが、多くの格安SIMでは、インターネットから申し込むの...

スマートフォンの料金を格段に安くでき、キャリアの2年縛りからも解放される格安SIMライフを一緒に満喫しましょう。