【注意】au iPhone 6からmineoに乗り換えると、VoLTEは使えなくなる

LTEを利用する高音質な通話サービス“VoLTE”は、大手3キャリアがいずれも提供しています。

サービス開始当初はCMなどでも、よくアピールされていましたが、最近はあまり見かけなくなった気もします。

そもそも、通話しているときに、LTEなのか3Gなのかというのはそれほど気にしませんよね。

なんとなく最近、通話品質が良くなったな、と感じている人も多いかもしれません。

今回は、そんなVoLTEの話です。

スポンサーリンク

au iPhone 6は、VoLTE SIMでなくてもVoLTEを使える

auのiPhone 6から端末を変えずにmineoに乗り換えた僕ですが、こちらのエントリーでも少し触れたように、auには2種類のSIMカードがあります。

au  iPhone 6からmineoに移行する前に確認しておきたいメリット、デメリット
大手キャリアから格安SIMへの移行を検討している人も多いかもしれません。 先日のエントリーにも書きましたが、僕もauのiPho...

VoLTEに対応するau VoLTE SIMと、通常のSIMです(その上でnano、microなどサイズ別に分かれます)。

mineo、UQ mobileなどのau系MVNOでも同様で、au VoLTE SIMと通常のSIMをそれぞれ提供しています。

au iPhone 6の場合、使えるのは通常のnano SIMで、au VoLTE SIMは使えません。

しかし、au VoLTE SIMは使えないのですが、実はiPhone 6ではVoLTEが利用できます。

通常のnano SIMでもauのVoLTEが利用できるというのは、iPhone 6だけの特殊仕様なようです。

さて、そんなau iPhone 6ですが、mineoに移行したところ、VoLTEが利用できなくなったので、レポートしておきたいと思います。

au iPhone 6でVoLTEを使うには?

まずは、iPhone 6でVoLTEを利用するための手順を確認しておきたいと思います。

VoLTEを有効にするには、「設定」→「モバイルデータ通信」→「通信のオプション」と進んで、「4Gをオンにする」→「音声通話とデータ」と選びます。

これで、通話でも4G(LTE)を使えるようになるわけです。

VoLTEのメリットのひとつは、通話しながらネットが使えることです。

従来の3G通話では、LTE圏内でも通話時には3Gになり、auの場合、電話とネットを同時に使えませんでした。

また、au VoLTE対応の端末同士であれば、高音質通話を利用できるというのもメリット。

なお、auの3Gは通話品質が悪いという話もあり、相手がau VoLTE対応端末でなくも、通話品質がよくなる可能性があります

そのほかに、発着信がスピーディーになるというメリットもあります。

一方で、VoLTEを利用するデメリットは、LTE圏内でないと発着信ができなくなることです。

とはいえ、auの4G LTEは人口カバー率99%なので、ほとんどのエリアでは問題はないと思いますが、電波の弱い場所では通話できなくなる可能性があります。

僕は、au iPhone 6がVoLTEに対応したというニュースを知って以降、VoLTEを利用してきました。

VoLTEを利用していてもとくに問題はなく、通話品質のことはよくわかりませんでしたが、なんとなく良くなっているんだろうなと思っていました。

しかし、ここ数カ月、自分の部屋でau iPhone 6が圏外になっていることが数回あり、

VoLTEとの関係性は不明でしたが、着信できないのは問題だと思い、VoLTEをオフにして、3G通話を利用することにしたのです。

その後、設定を変えることなく、mineoに乗り換えました。

au iPhone 6から端末を変えずにmineoに移行してみた(前編)MNP予約番号取得から申し込みまで
最近では、家電量販店などの店頭でも申し込める格安SIMがいくつか出てきていますが、多くの格安SIMでは、インターネットから申し込むの...
au iPhone 6から端末を変えずにmineoに移行してみた(後編)SIMカード到着後の回線切り替えとネットワーク設定
インターネットで申し込んで、格安SIMにMNP(携帯電話番号ポータビリティ)で移行する場合に問題となるのが、スマートフォンが使えなく...

mineoに乗り換えたau iPhone 6ではVoLTEは利用不可?

mineoに移行後、まもなく1カ月が経ちますが、ふと、そういえばVoLTEは使えるのかと試してみました。

VoLTEを有効にするための手順は、前述の通り。

すると、「4G回線による通話機能をオンにできません」という表示が出て、VoLTEを有効にすることはできませんでした。

img_3956

小さい文字で「このアカウントで4G回線による通話機能をオンにするには、KDDIに問い合わせてください」と書かれています。

というわけで、au iPhone 6にmineoの通常のnano SIMを装着している場合、VoLTEは使えないようです。

おそらく、これはSIMフリーのiPhone 6でも同様ではないかと思います。

なお、前述のように、iPhone 6ではau VoLTE SIMは使えませんので、VoLTE SIMにすればいいわけではありません。

3G通話で支障はないけれど、なんとなく残念

というわけで、mineoに移行すると、au iPhone 6ではVoLTEを利用できなくなってしまいます。

とくに3G通話でも支障はないですし、そもそも、通常のnano SIMでau VoLTEを使えるのはiPhone 6の特殊仕様だったので、仕方ない気もしますが、なんとなく残念です。

mineoやUQ mobileなどのau系のMVNOでVoLTEを利用したいのであれば、素直にau VoLTE対応端末でVoLTE SIMを使うのが良いのかもしれません。

auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQモバイル】



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする